光脱毛の光は、ワキ脱毛での黒ずみの黒に反応する

果物と女性今の「光脱毛」の始まりは、
元々、シミやそばかす肌の黒ずみを解消させるために開発された施術方法ですが、黒や茶色といった色に反応するという特徴を活かし、光の出力を抑え脱毛用に再開発されたのです。

レーザー脱毛と同様に光脱毛は、黒や茶色といった黒い色素(メラニン色素)にのみ反応、特殊な光を照射することで脱毛する方法です。

気になる傷みの件も
針脱毛のような激痛が走るような事は無く
痛みもゴムで弾かれた時の””パチン””位の痛み程度ですから心配いりません。

また、
施術にかかる時間も、光脱毛は一気に広範囲を照射できるので短時間でOKです。

脱毛後も、自己処理脱毛をしたときのようなクスミや肌の黒ずみ肌にも心配もなく、
逆に、光脱毛の光(可視光線)は、美容効果があるものなので、
毛穴の目立ちをなくし、シミやソバカスも改善してくれる効果がありますので
美容面でも期待がもてます。

でも、自己処理脱毛で行うよりも、綺麗な肌になれて、
数多くある脱毛方法の中でも脱毛費用が安く済むことから、
多くの女性や男性から支持を得ているのがこの光脱毛法です。

現在、光脱毛を使って脱毛しているサロンは全国に数多くありますが、
その中でも、「一向に効果が感じられない」「予約が取りにくい」・・・など、
あまり評判が良くないサロンもありますので、光脱毛で脱毛を考えている人は、
自分に合った脱毛サロンを探して見つけて下さい。

光脱毛のデメリット

・光脱毛の施術の期間がある程度長い、
施術の期間は2ヶ月から3ヶ月に一度のペースで行い、
毛量によって異なりますが、ムダ毛が気にならなくなるまでは、
ほぼ施術開始から1、2年継続してのことに成ります。
結果を感じられるまでに少し時間が掛かることです。

・高い脱毛効果が得る事が難しい
光脱毛を受けた全員にいえることではありませんが、
クリニックなどで使われている機械に比べて光のエネルギーは弱い為
その人の毛の状態や部位によっては脱毛効果が得られない場合があります。
特に細い毛や産毛・白髪といった黒い色素が弱い部分では永久的な脱毛効果を
求めるのは厳しいかもしれません。

・光のエネルギー力が弱い
エネルギーが弱いことで毛根が完全に破壊されず、
何年後かに生えてきてしまうケースも多いのです。

・以下のように施術を受けられない場合がある
光脱毛の光は黒い色素(メラニン色素)に反応するため、
皮膚がもともと地黒な人や日焼けをしている場合は皮膚そのものに光のエネルギーが
反応してヤケドを起こしてしまう恐れがあります。

またホクロや痣がある部分や、陰部や肛門・乳輪といった部分も
メラニン色素が多く含まれているためヤケドのリスクが高く施術できない場合があります。

特にデリケートな部分への光脱毛は向かないと言えます。

◆皮膚へのダメージ
肌への負担は少ないと思いますまが、稀にダメージを受けてしまう場合があります。

人間の皮膚にはメラニン色素(黒い色素)が含まれています。
その皮膚のメラニン色素に反応してしまう場合や光のエネルギーが弱いため、
長時間当ててしまうことでヤケドや水ぶくれを起こしてしまう恐れがあります。

この原因は、技術者の経験不足などによっても起こりうる問題だと思います。

現在クリニックやエステサロンで行われている脱毛方法の中で、
光脱毛の安全性は非常に高いと思います。

しかしそれはあくまで施術者の技術と知識があっての事で、
正しく理解されていて、正しく使用されていれば、
トラブルの少ない安心できる脱毛方法と言えます。

そこで、重要なポイントは

光エネルギー弱い=安全性が高い=脱毛効果は低い

これらは全て比例してきます。

これは全く脱毛効果が得られないということでは無く
身体への負担が少ないことに伴って、他の脱毛方法に比べて
脱毛効果は劣るということです。


■光脱毛のメリット

安全性が高い
エステサロンで使われている機械の多くは出力が抑えられており、
光のエネルギーが弱いためお肌にダメージを与えトラブルが起きる恐れがとても低いです。

クリニックではフェイシャルケアに用いられているということからも、
お肌のキメを整え、毛穴を目立たなくするといった美肌効果が得られます。

更に、シミやそばかすが目立たなくなるケースもあるようです。
脱毛効果に加えてお肌への影響が良いのはとても魅力的です。

皮膚への負担が少ないため、敏感肌である・アトピーがある

といった方には特におすすめです。

・痛みが少ない
クリニックとエステサロンで行われる脱毛の中で、一番痛みが少ない方法です。
痛みに弱い人にとっては最適な脱毛方法だと思います。
痛みというよりも光を当てた部分が暖かく感じる程度だとも例えられます。

ワキのように皮膚の伸展があり脂肪がついているような部分では痛みを感じる事は少ないですが

、おでこや口の周りなどでは皮膚がとても敏感で脂肪が少ないため、
場合によっては多少痛みを

感じることがあります。また出力によっても異なります。

・一回の施術時間が短い
光を当てるだけで、かつ広範囲に照射できるため一回の施術時間が短いのが特徴です。
ワキだけだと10分程度で済むため、時間の空いたときにパッといけるのが嬉しいですね。
ただし、これはあくまで一回の時間が短いということです。
その人の毛周期にあわせて何度も施術を行わなければならないので、
トータルでの時間はかかります。

・ワキガ症状が軽減する
軽度のワキガの場合は毛穴だけではなくワキガの臭いの元であるアポクリン線にも作用するため

、臭いが軽減したというケースもあるそうです。
あくまで二次的な効果ですので、ワキガの治療方法として
最適であるというわけではありません。

・比較的に安価である
費用対効果を考えると
他の脱毛方法に比べて安価であることが多いです。
サロンによっても異なってきますが、平均してみるととても安価です。



一押し記事一覧