脱毛の副作用を持つ薬剤グレード

datumou06
脱毛をする女性は最近では増加の一途を辿っています。
今では簡単に自宅でも脱毛ができるようになり、
ますます身近なものになってきました。

そんな脱毛ですが、やってみると悩んでいる人も
その効果を実感できるものでやってよかった、
もっと早く始めたらよかったと思う人も多いものです。

しかし、中々やりたくても不安を持ち
一歩踏み出せない人も少なからずいます。

脱毛の料金や施術の痛み、効果の出方など様々な不安要素は聞きますが、
その中でも副作用があるかどうかを気にする人
結構いるものです。

薬には何らかの副作用をもつモノがあります。
その中には「脱毛の副作用」をもつものもあるのですが、
それはどういった薬なのでしょうか?

実はほぼ全ての薬が脱毛の原因になる可能性をもっているとは言っても、
酷い脱毛を起こす薬はめったにないので安心ください。

薬の副作用による脱毛には、
大きく分けて成長期脱毛休止期脱毛の2つのタイプがあります。

髪の毛全体の1割は休止期の状態にあります。
次の成長期に入るときに脱毛が起こり、
また新しい毛が生えてくる といった流れです。
しかし、
薬の影響で休止期の髪の毛の割合が増えたり、
成長期の期間が短くなったりすることがあります。

抗癌剤による成長期脱毛と同じように、薬を使うのをやめれば、
脱毛はおさまります。

薬などを飲んだ時に副作用を心配して悩み、
脱毛をして何か体に変化があるのではないか、
それは重大なことになるのでは、と悩んでいる声はあります。

簡潔にいうと
副作用と呼べるほどの
症状はほとんどありません。

ほとんどというのは、例えば肌に赤みが出る、
熱っぽくなるや脱毛症という症状を感じる人はいますし、そうなる場合があります。

しかし、これは脱毛の施術、特に光脱毛によって
肌の中に熱がこもりやすくなっているのでそう感ずるのです。

光を受けると肌が敏感な人は赤みが出る場合も考えられます

どちらもその患部を冷やすことで改善が出来ますし、
持続的には起こりにくいものなので心配するほどではありません。

肌にハリを刺すニードル法だと
粗悪な施術だと患部から菌が入って、
炎症を起こすこともあるかもしれません。

ほとんどの場合清潔に、そして衛生面を重視して行ってくれるので悩む必要はありません。

肌に何か変化があり、それが持続するなら
すぐに美容皮膚科に受診してもらえれば悩むこともありません。

まずは美容皮膚科で相談してから行うと、
そういう小さいリスクさえ抑えることも出来ます



一押し記事一覧