光脱毛 メリット デメリットを調査すると

女性01
光脱毛とは、脱毛効果のある光を目的の部位に一定時間照射させることによって、光脱毛ができます。

それは専用のフィルターに白色ランプの光をあてて脱毛に使える光だけを作り出し、
ムダ毛の根本にあてることによって、毛が再生しないよう毛根を殺すのです。

主にエステでのムダ毛処理に使用される事が多いですが、美容皮膚科等の医療機関でもムダ毛の治療に使用されています。

では、どのような光を使って脱毛をするのでしょう。
光の種類に関して区別すると、
IPL、フラッシュ、プラズマの3種類のパターンがあります。
毛の処理に光を使う方法には、様々ないいところが認められます。

ところで、光脱毛のメリット デメリットを調査してみると
◆施術時間について
光脱毛の場合、あらかじめ除去したい部分の毛を伸ばしておく必要は無く、
表面に出て無くとも処理できるからです。
光を当てるだけで一気に皮膚表面の脱毛ができるため、他の方法と比べて時間がかからない点も嬉しく良いところです。
光脱毛は脱毛マシンから照射される光を肌に当てて行うので、光を照射する部分の面積は広くなっている分、
1回の光照射で広範囲に脱毛することが出来るのです。両ワキ脱毛の場合、約10分程度で脱毛が終わると言われてます。
レーザー脱毛も光脱毛と同じ仕組みで、施術時間はそれほど変わらないが、
ニードル脱毛は毛を1本1本脱毛していくので時間も大きくかかります。
◆痛みは
そして、時間がほとんどかからない分、他の手段より費用も安く済みます
確かに医療レーザー脱毛ニードル脱毛は多少痛みを感じる脱毛とも言われています。
それに対して光脱毛は他の脱毛方法と比べて痛みが少なくなっており、人によっては全く痛みを感じないという方も有りです。
痛みも小さいので、痛いものに弱いという人でも悩まずに気軽に受けることができます。
皮膚へかかるダメージが少なく済む点も嬉しく、
現在では数多くの人が光脱毛を利用しています。

◆光脱毛の欠点
光脱毛ムダ毛処理する場合のデメリットは無いのでしょうか。
光脱毛の欠点は、うぶ毛や金髪は脱毛できないことです。

完全に毛の処理が終わるまでには何回かの施術が必要です。
ムダ毛を除去したい範囲や毛の質によって違いはありますが、
4回ないし6回の光をあてる脱毛処理を、
これを2ヶ月に一度くらいのペースで行うことになります。

◆費用比較すると
そこで、料金については
光脱毛というのは、レーザー脱毛やニードル脱毛よりも料金が低く設定されているので、若い女性やOLでも気軽に通うことが出来るわけです。
最近ではキッズ脱毛と呼ばれる脱毛も登場して、
小学生も親が料金を支払い脱毛をしている子もいるようです。



一押し記事一覧